カリモク60のkチェアーやソファー、テーブルの通販はこちら!

カリモク60 通販

カリモク60とは

カリモク60(karimoku60)を語る上でカリモク家具の歴史をひもとかずにはいられません。

 

元々は江戸時代から続く木材屋でした。

 

1940年に初代社長である加藤正平が愛知県刈谷市に木工所を創業しました。これがカリモク家具の原点となります。1960年代にもなると日本は高度成長期の真っ只中。当時「刈谷木工」は、輸出家具の部品を製造販売していました。

 

カリモク60

1ドル340円の円安時代ですから、「刈谷木工」は大幅に利益を延ばしたことは言うまでもありません。

 

しかしこれに満足せず、本物を求める日本の消費者向けに国内家具ブランドを生み出す決意を固めました。これまで培ってきた高い木工加工技術が唯一の強みです。

 

1960年代後半になると、日本は床の生活から欧米のように「ソファーに座る」ようになり生活スタイルに変化が生まれました。

 

 

 

これに目をつけたカリモクは、一般家庭にも手の届く価格で、高品質かつ欧米スタイルを取り入れた斬新な椅子の生産に着手しました。

 

それが「kチェアー」です。1962年の誕生から一度も製造ストップしたことがない高い実績を持つカリモク家具の代表作です。

 

「リビングテーブル」発売後、1964年カリモク家具販売株式会社を設立しました。

 

 

 

 

 

この後もカフェチェアやロビーチェア、オットマン、ローチェア、電話台、スリーピングソファなどを次々に送り出し、1970年代に入ってからはdチェアー、サイドボードが生み出され、お部屋のインテリアをも変えていきました。

 

2002年になってからのことです。1960年代に誕生した家具の中でも普遍性のあるデザインを選び、「カリモク60」という名のもと息を吹き返すことになりました。

 

時代の流れとともに廃盤になった商品も新たに復刻し、また時を刻むのです。

 

kチェアー、ロビーチェアを筆頭に9つの家具が「カリモク60」として名を連ねています。

 

お部屋をレトロな雰囲気にコーディネイトしたい・・・60年代の雰囲気のお部屋作りをしたい・・・とお考えの方はkarimoku60のモケットグリーンのkチェアーやソファー、dテーブル、リビングテーブルなどのインテリアで揃えてみてはいかがでしょう。

 

激安の価格や最安値を通販で探してみるのも楽しいものです。

 

<おすすめサイト紹介>
カリモクのテーブルとチェアー・ソファー家具販売
カリモク家具のアイテムが充実しているサイト
http://www.shihomagazine.com/

カリモク60の家具、インテリアでお部屋作りしましょう!

カリモク60とカリモク60+のアイテムは、まさに使う人次第です。使う人が使いやすいように組み合わせ自由な変化する家具です。シンプルで実用性の高いカリモクのアイテムなら、迷うことなく思いのままの部屋作りを提案可能です。

 

今回はカリモク60とカリモク60+のアイテムを利用して、勉強部屋や書斎などの部屋作りに最適なコーディネートを紹介しましょう。

 

カリモク60のデスクとチェストは同じ高さで並べられます。チェアには、カリモク60のアームレスダイニングチェアがピッタリです。

 

カリモク60のオープントップキャビネットとキャビネットは優秀な収納家具です。この2つを組み合わせれば、プリンターやパソコンなどの収納も可能ですし、本や書類もすっきり収まります。

 

 

 

 

仕事や勉強の合間の休憩にかかせないのが、カリモク60のオットマンです。足置きにもOK、ちょっと腰かけるにもOKな名脇役です。

 

カリモク60+のデスク、チェスト、シェルフの3点セットで、機能的なデスクセットが完成します。チェアはカリモク60のアームレスダイニングチェアUを組み合わせると、その丸みをおびたデザインからやさしいイメージのお部屋作りができます。

 

あわせるインテリアでお部屋の印象もかわってきますが、カリモク60とカリモク60+のスタンダードなデザインなら、飽きのこない使い勝手のよいお部屋作りを実現してくれるはずです。

 

日本が高度成長期にあった1962年、本物の品質とシンプルだけど存在感のある家具が誕生し、日本の部屋作りを変えました。それがカリモク60の原点でもあります。

 

2002年、カリモク60はkチェアーを始めとする息の長い人気家具と、当時生産されていた家具の復刻版を含め、ブランド化されました。いいものは残していくのがカリモク流ですから、カリモク60のデザインやサイズは当時のままです。

 

カリモク60は、おしゃれなカフェやサロン、こだわりのあるショップでインテリアとして支持されています。どこか古き良き日本の懐かしさが漂い、レトロでモダンな雰囲気と、それだけで絵になる存在感があります。

 

もしも、あなたのお部屋作りの1アイテムとして、カリモク60を加えるなら、カリモク60のkチェアーがおすすめです。カリモクで生産されること半世紀にも及ぶkチェアーの人気は、世代を超えて広く支持されています。

 

kチェアーの座り心地は、適度な柔らかさがあり、長時間利用してもお尻や腰が楽なことです。リビングにkチェアーのスタンダードブラックを配置すれば、お部屋がグッと落ち着いた雰囲気になります。
人気のモケットグリーンなら、グリーンのカラーニュアンスが楽しめ、明るい印象のリビングになるでしょう。

 

このようにカリモク60のアイテムは選ぶ素材によってもお部屋のイメージを変えます。お部屋作りの中でも、リビングは特に実用的で居心地のいい空間にしたいものです。

 

お気に入りのカリモク60の家具にプラス照明やカーテン、クッション、観葉植物を配置すれば、お部屋作りは一層楽しくなるでしょう。

 

そしてカリモク60の他のアイテムをそろえたくなります。次はこうしてみよう、ああしてみよう、そうやってコーディネートしながら、理想のお部屋作りに一歩一歩近づいていくはずです。